works   books   cv   link    © 2017 Kyoko NAGASHIMA
 
 In 2004     works  text  
     
  
  
  





 13 color prints and 5 of a three frame lenticular acrylic
  


    

Two levels of a building are regarded as “a box of consciousness”, which is divided into two territories. The whole process, that a model enters the building from the lower floor and climbs up the stairs to reach a corner of a room on the upper floor, is composed of 13 serial photographs and five lenticular panels, each of which contains three images. She vanishes for a moment at the corner of the room and at the next moment she is about to come in through the entrance again, so that the scene continues back to the first photograph.
‘IN’ takes on the motif of our conscious world. The smooth transition from the conscious to the unconscious, or from reason to instinct, is not to be controlled, but it happens to be repeating itself almost automatically every day. As the body fades away subconsciously, the primitive, free, released and influential wildness rises beyond the individuality. That transition happens constantly and quietly, while the person is unaware, and it could be physical sometimes.
モデルが建物に入ってから2階へ上がって部屋の隅にたどり着くまでを、13枚の連続写真と3画像ずつ入った5枚のレンティキュラパネルで構成したインスタレーション。
建物を1階と2階を境界にした意識の箱とみなしている。2階の隅でモデルは一旦姿を消すが、次の瞬間には入り口から入ってこようとしており、また最初のシーンへとつながっていく。 「IN」では、人間の意識世界がモチーフになっている。意識から無意識世界へと、あるいは、理性から本能的な領域へよどみなく移行していく様子は、制御されたものではなく、ほぼオートマティックに日々繰り返されている。 無意識下で身体が消失したとき、そこでは個人の意識の枠を越えてより原初的、開放的、かつ影響力を持った領域世界が横たわっているように感じる。 静かに、本人にもそうとはわからないうちに、時に身体性を伴ってこの往来が繰り返されている。
up ↑

← works